« 「所得税法等の一部を改正する法律」が成立 | トップページ | 公益認定が下り始めました! »

会社計算規則等の改正

こんにちは、司法書士の草薙智和です。

会社法施行規則及び会社計算規則が一部改正され、本日、4月1日、施行されました。

登記に関係する主な変更点は以下のとおりです。
・種類株式の内容として定款で定めるべき事項
・単元株式数の上限
・利益準備金及びその他利益剰余金の資本金の額への組入れ
・設立時の株主資本等の計算
・募集株式の発行及び新株予約権の行使に伴う資本金等増加限度額の計算
・組織再編等によって変動する株主資本等の総額の計算

なお、上記の規定の適用には経過措置が設けられており、施行日前に、下記のそれぞれの行為があった場合は、従前の取扱いによることとされています。
・単元株式数の定めの場合は、その定めを設ける定款変更決議
・株式会社又は持分会社の設立の場合は、定款の認証
・募集株式の発行の場合は、募集事項の決定
・新株予約権の行使の場合は、新株予約権の行使
・組織再編の場合は、契約締結又は計画作成
そのほかの詳細は、下記の法務省及び民事局のHPをご確認ください。

会社法施行規則及び会社計算規則の一部を改正する省令案の概要from法務省

「会社法施行規則」及び「会社計算規則」の一部改正のお知らせfrom民事局

また、この改正に伴い、株式会社設立、募集株式の発行、合併等の組織再編の登記申請に添付する資本金の額の計上に関する証明書の記載例が改定されました。また、新たに準備金・剰余金の資本組入れの登記申請に添付する資本金の額の計上に関する証明書の記載例が追加されました。詳細は、下記の法務省HPの記載要領 ・記載例29及び30をご参照ください。

商業・法人登記申請from法務省

今回の改正では、大幅に条文が削除された関係で、異例のことですが、削除した条文を欠番とせず、すべて繰り上げてしまっています。せっかく暗記していた条文番号も覚え直しです

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。ご参考になりましたら、下のボタンをそれぞれ1日1クリックしていただけると、更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ人気ブログランキングへ
クリックしていただくと、現在の順位が確認できます。

|

« 「所得税法等の一部を改正する法律」が成立 | トップページ | 公益認定が下り始めました! »

01会社法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会社計算規則等の改正:

« 「所得税法等の一部を改正する法律」が成立 | トップページ | 公益認定が下り始めました! »