« 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その2 | トップページ | 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その3 »

「逐条解説・法の適用に関する通則法 」

こんにちは、司法書士の草薙智和です。

毎週金曜日は、私が実際に使用している実務に役立つ書籍を紹介していきます。

今日ご紹介するのは、わが国の国際私法である、「法の適用に関する通則法」の逐条解説本です。
施行から2年以上経って、やっと立法担当官による逐条解説本が出版されました。
通則法の解説本の中でも最も権威のあるものになることは間違いないでしょう。
条文ごとに、制度趣旨や改正点の解説、学説・判例などが網羅されています。
渉外事件にかかわる司法書士、弁護士などは必須の書籍です。

逐条解説・法の適用に関する通則法 (逐条解説シリーズ)
(小出邦夫編著、商事法務)

なお、立法担当官により改正当時に出版されたものとしては、改正点を中心に解説されている「一問一答 新しい国際私法―法の適用に関する通則法の解説」もあります。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、良い週末を。


ブログランキングに参加しています。ご参考になりましたら、下のボタンをそれぞれ1日1クリックしていただけると、更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ人気ブログランキングへ
クリックしていただくと、現在の順位が確認できます。

|

« 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その2 | トップページ | 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その3 »

02外国会社」カテゴリの記事

03渉外相続、外国人の相続」カテゴリの記事

08おすすめ書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「逐条解説・法の適用に関する通則法 」:

« 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その2 | トップページ | 宣誓供述書に領事認証又はアポスティーユは必要か? その3 »