« 不動産投資短観調査の時系列比較/(社)不動産証券化協会 | トップページ | 『信託登記の実務』 »

アメリカ大使館の公証業務が予約制に変わりました

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。


東京のアメリカ大使館領事部におけるアメリカ市民サービスが事前予約制に変更されています。

宣誓供述書(AFFIDAVIT)の認証やサイン証明書の発行などの公証業務を利用する場合は、専用の予約サイト(英文)で、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、国籍、パスポート番号などを登録して事前に予約する必要があります。

また、公証業務の取扱時間も、月曜日から金曜日の午前8時45分から正午までに変更されておりますので、ご注意ください。

詳細は、アメリカ大使館のウェブサイトをご覧ください。


今回もお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 不動産投資短観調査の時系列比較/(社)不動産証券化協会 | トップページ | 『信託登記の実務』 »

02外国会社」カテゴリの記事

03渉外相続、外国人の相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大使館の公証業務が予約制に変わりました:

« 不動産投資短観調査の時系列比較/(社)不動産証券化協会 | トップページ | 『信託登記の実務』 »