« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

『信託登記の実務』

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。


信託法や不動産登記法の改正により、もともと難解で、なじみの薄い信託登記の手続が、より複雑・高度化していますが、改正法に対応した信託登記に関する書籍は、これまでほとんどありませんでした。

そんな中、満を持して、日本加除出版から『信託の実務』が出版されました。編著は、東京法務局の前・不動産登記部門統括登記官である齊藤明氏を中心とする信託登記実務研究会で、内容には非常に安心感があります。

また、登記申請書の記載例や登記記録例はもとより、登記原因証明情報や委任状、上申書などの添付書類のサンプルも多数収録されています。いわゆるセキュリティ・トラストや信託の併合・分割の登記についても解説アリ。

藤原勇喜先生の『信託登記の理論と実務』以来の名著の予感。類書がないだけに大変ありがたい書籍です。


※H24.5に改訂版が発行されました


今回もお読みいただき、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »