« 『会社法・金商法 実務質疑応答』 | トップページ | 平成21年度不動産証券化協会認定マスター養成講座修了者の発表 »

不動産証券化協会認定マスター養成講座のコース2が終了

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。


先週、不動産証券化協会認定マスター養成講座のコース2のスクーリングを受講し、なんとか講座全部を終了することができました。

コース2は、以前の記事でご紹介したとおり、コース1で習得した知識に基づく実務演習コースです。「不動産投資分析」、「不動産ファイナンス」、「不動産証券化商品分析」の3科目があり、テキスト学習とWeb講義の受講をした後、レポート課題の提出、スクーリングへの出席(確認テストの受験)をし、すべての修了要件を満たすとコース2修了となり、マスター養成講座の修了者となります。

一番苦労したのは、やはりレポート作成です。特に「不動産証券化商品分析」については、かなり苦戦しました。ただ、普段は接することのないJ-REITの分析ができたのは、なかなかいい経験だったと思います。

コース2の昨年の実施結果は、以下のとおりです。
 受講者数 1137名
 修了者数 1104名
修了者の発表は、3月上旬とのことです。

マスター養成講座:演習編(Course 2)


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。ご参考になりましたら、下のボタンをそれぞれ1日1クリックしていただけると、更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 人気ブログランキングへ
クリックしていただくと、現在の順位が確認できます。

|

« 『会社法・金商法 実務質疑応答』 | トップページ | 平成21年度不動産証券化協会認定マスター養成講座修了者の発表 »

04不動産証券化・流動化、不動産ファンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動産証券化協会認定マスター養成講座のコース2が終了:

« 『会社法・金商法 実務質疑応答』 | トップページ | 平成21年度不動産証券化協会認定マスター養成講座修了者の発表 »