« 月刊登記情報に「誌上講義渉外登記入門講座」が掲載されました | トップページ | 『実務家のための取締役の競業取引・利益相反取引規制』 »

伝説のバイブル『外国会社と登記』が14年ぶりに全面改定!!

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。

平成10年に出版され、既に絶版でありながら、今もなお、外国会社の登記のおける伝説のバイブルである、亀田哲先生の『外国会社と登記』が14年ぶりに改定されました!会社法に対応した全面改定です。

基本的な論点がカバーされていることはもちろん、外国会社規制や登記実務や先例の変遷についても詳細に解説されています。旧版では、登記事項などについて、独自の見解もありましたが、この全訂版では、比較的マイルドな解説になっています。

外国会社の登記は、さまざまな国のさまざまな会社形態を扱うので、外国の法令である設立準拠法、その国の登記制度、公証制度などの調査が必須ですし、なにより実績とノウハウが非常に重要ですが、外国会社の登記に関する基本的な知識は、本書でしっかり学ぶことができます。
渉外司法書士にとってはマストバイの名著です!

『外国会社と登記〔全訂版〕』

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 月刊登記情報に「誌上講義渉外登記入門講座」が掲載されました | トップページ | 『実務家のための取締役の競業取引・利益相反取引規制』 »

02外国会社」カテゴリの記事

08おすすめ書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説のバイブル『外国会社と登記』が14年ぶりに全面改定!!:

« 月刊登記情報に「誌上講義渉外登記入門講座」が掲載されました | トップページ | 『実務家のための取締役の競業取引・利益相反取引規制』 »