« 財務諸表の勘定科目の英訳 | トップページ | 寄稿「司法書士のための外為法入門」 »

『改訂 仮登記の理論と実務』

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。

『仮登記の理論と実務』がほぼ10年ぶりに改訂されました。表題どおり、仮登記のみで500ページ近い分量です。仮登記制度について、理論と実務の両面から詳細に分析されており、関係する判例・先例・学説等が豊富に掲載されています。仮登記については、この本があればほぼ完璧でしょう。

 『仮登記の理論と実務』(日本加除出版)

仮登記といえば、青山修先生の『仮登記の実務』も、わかりやすくて、オススメです。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 財務諸表の勘定科目の英訳 | トップページ | 寄稿「司法書士のための外為法入門」 »

08おすすめ書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『改訂 仮登記の理論と実務』:

« 財務諸表の勘定科目の英訳 | トップページ | 寄稿「司法書士のための外為法入門」 »