« 経産省が株主総会の招集通知のグッド・プラクティス事例の調査結果を公表 | トップページ | 『信託登記の理論と実務』が改訂&信託登記おすすめ本まとめ »

『渉外不動産登記の法律と実務』

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。

私も所属する渉外司法書士協会の会長である司法書士の山北先生が渉外不動産登記に関する書籍を出版されました。
最前線で活躍されている実務家が執筆されていますので、我が国の外人法や国際私法の基礎から、実務で行き詰まることが多い、当事者の国籍により適用されるべき外国法の調査や当事者の身分、権利関係の証明まで詳細に解説されています。また、国籍別のポイントもまとめられており、大変参考になります。学者や研究者の書籍とはひと味違う内容となっています。

 『渉外不動産登記の法律と実務―相続、売買、準拠法に関する実例解説』

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 経産省が株主総会の招集通知のグッド・プラクティス事例の調査結果を公表 | トップページ | 『信託登記の理論と実務』が改訂&信託登記おすすめ本まとめ »

03渉外相続、外国人の相続」カテゴリの記事

08おすすめ書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『渉外不動産登記の法律と実務』:

« 経産省が株主総会の招集通知のグッド・プラクティス事例の調査結果を公表 | トップページ | 『信託登記の理論と実務』が改訂&信託登記おすすめ本まとめ »