« 2014年8月 | トップページ | 2015年2月 »

監査役の英文呼称の採用状況

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。

日本監査役協会が監査役の英文呼称の採用状況に関するアンケート調査結果を公表しました。

 監査役の英文呼称の採用状況に関するアンケート調査結果(日本監査役協会)

上場会社については、当然、日本監査役協会が推奨している「Audit & Supervisory Board Member」が最もよく使われているようです。

ただ、私自身は、この英訳にしっくりきていません(単に慣れていないだけかも)。かといって、ほかにいい訳語があるわけではなく、私は「Statutory Auditor」を使っていますが、これもイマイチと思っています。

ちなみに、法務省が提供している『日本法令外国語訳データベースシステム』では、上記アンケートで最も少ない「Company Auditor」です(笑)

いつも苦労していますが、法令翻訳は難しいですね。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年2月 »