« 代表取締役等の住所要件の緩和 | トップページ | 会社法改正に伴う組織再編における事後開示事項の追加 »

平成26年改正会社法おすすめ本まとめ

こんにちは、渉外司法書士の草薙智和です。

5月から改正会社法が施行されましたが、改正会社法に対応した書籍も出揃ってきました。
今回は、改正会社法対応のおすすめ本をまとめて紹介します。

『一問一答 平成26年改正会社法〔第2版〕』
まずは、いわゆる一問一答。改正法務省令の内容を盛り込んだ最新版。立案担当者が改正法の趣旨や重要なポイントについてQ&A形式でわかりやすく解説しています。社外役員の関係をまとめた図表がすごくわかりやすいです。

『立案担当者による平成26年改正会社法の解説(別冊商事法務№393)』
旬刊商事法務で9回にわたって連載された立案担当者による「平成26年改正会社法の解説」などの解説記事を1冊にまとめたもの。旬刊商事法務を購読していない人は必読です。

『立案担当者による平成26年改正会社法関係法務省令の解説(別冊商事法務№397)』
こちらは、平成26年会社法改正に伴う法務省令の改正について、6回にわたって旬刊商事法務に連載された立案担当者による解説を1冊にまとめたもの。

『株式会社法 第6版』
言わずと知れた実務家のバイブル。平成27年改正法務省令に対応して改訂。ついに本文で1000ページに到達!第5版を買わずに待っていた人もどうぞ。

『監査等委員会導入の実務』
改正会社法により新設された監査等委員会制度について、改正法の立案担当者の弁護士が新制度の導入から運営の実務までを詳しく解説しています。定款例、監査等委員会規則例も収録います。

『株式交換・株式移転ハンドブック』
合併、会社分割に続き、ハンドブックシリーズの組織再編第3弾。もちろん、平成26年の会社法改正・平成27年の会社法施行規則の改正に対応。会社法のみならず、金商法、企業結合規制、計算、税務など、関係法令を横断的にカバーしており、各種書面・条項の記載例も豊富に掲載されています。

『商業登記ハンドブック〔第3版〕』
書式精義と並ぶ商業登記のバイブルの第3版。改正会社法と平成27年2月の商業登記規則の改正に対応して、大幅に改訂。商業登記にかかわる人は必携です。
月刊登記情報に掲載していただいた宣誓供述書に関する私の記事を引用していただきました。

【新・会社法実務問題シリーズ①】『定款・各種規則の作成実務<第3版>』
定款をはじめ、取締役会規則や監査役会規則等の作り方・記載例を豊富な実例で解説されています。。た監査等委員会設置会社にも対応。「ハンドブックシリーズ」と「新・会社法実務問題シリーズ」はすべておすすめです。

『会社法法令集 第十一版』
おなじみのコメント付条文集。改正箇所が網掛けで表示されているので、一目瞭然。

とりあえず、こんな感じでしょうか。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

|

« 代表取締役等の住所要件の緩和 | トップページ | 会社法改正に伴う組織再編における事後開示事項の追加 »

01会社法務」カテゴリの記事

08おすすめ書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175350/60000854

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年改正会社法おすすめ本まとめ:

« 代表取締役等の住所要件の緩和 | トップページ | 会社法改正に伴う組織再編における事後開示事項の追加 »